FC2ブログ

プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

射礼大会

今日は、県主催の射礼大会に参加。

体配の向上を目指し、昨年から始まったこの大会。
東部地区、中部地区、西部地区と県内地区対抗戦の様相もあり、
微妙に闘士がぶつかり合います。

種目は、
5段以下の選手による5人の持的射礼。
錬士による3人一つ的射礼。
教士による3人一つ的射礼。 
の三つ。

審査員による体配の採点と的中により順位が決まります。
審査員の持ち点は一人10点。4人の審査員で40点満点です。

参加は、持的射礼に東部3チーム、中部3チーム、西部2チーム。
錬士の部一つ的射礼に東部2チーム、中部2チーム、西部1チーム。
教士の部一つ的射礼に東部、中部、西部それぞれ1チームづつが参加しました。

朝9時。開会式のあと、県連会長の矢渡を行い競技に入ります。

持的射礼は5人で行い、20分ほどかかります。
その間、他の選手は射場内に置かれた椅子に座って看とり稽古。
私はスタンドの横でビデオ撮影です。

DSCN1281_convert_20101115004006.jpg  DSCN1282_convert_20101115003911.jpg


普段の賑やかな射会とは全く違い、シーンとした静けさの中、弦音と的中の音が響きます。

持的射礼8チームが終わったのがちょうど12時をすこし過ぎたころです。
さすがにみなさん、練習の成果を披露するとばかり、緊張が満ちています。
お昼を食べながらも、その余韻は続くほど。

私は錬士の部の一つ的射礼に出場。
午後の最初の立ちです。

幾つか気がつく点もありますが、なんとか行射をして終了。

東部の選手のみなさんは、春頃から選抜をして練習を重ねてきたそうです。
地域的にも広がりのあるところで、集まって練習するのは大変でしょうが、
それをやり抜いての今日。
さすがに息もあって立派です。

錬士の部が終わって、教士の部。
普段から地域の先生として活躍している方達の一つ的射礼ですから、
見所満載。勉強になりますね。

結果は。

持的射礼では東部Iチームが30点で優勝。続く2位も東部Mチームが29点。
そして、われら西部Kチームが28点で3位に入りました。

一つ的射礼錬士の部では
中部Oチームが29点で優勝。2位は東部Hチームが27点。3位が中部Mチームの26点。
私たちは、25点で4位でした。残念。

一つ的射礼教士の部は、西部地区が優勝です。

西部地区。5段以下の持的射礼も教士の一つ的射礼も入賞しましたが、
錬士の部だけが賞状を逸してしまいました。
悔しい。

来年、また頑張りましょう。

体配は心がけて練習を積めば確実に上手になります。
それをお互いにチームを組んで練習すれば、気合をあわせる楽しさを知ります。
とかく中りを重視した練習をし、審査前にあわてて練習するのではなく、
普段の練習を通じて、体配の意味、心を学ぶのが大事といえましょう。

体配は決して特別な事をするものではありません。
礼に即して、理屈にあった動き、体の使い方をするものです。

射礼大会開催を契機に、各支部各自が射技と体配の両方を研鑽するようになると嬉しいですね。
スポンサーサイト



テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

.

持的射礼や一つ的射礼の大会があるのですね!
私は襷を扱うことすら出来ませんが
そう言う大会があるとお勉強にもなりますし
頑張ろうって気になります。

記事が途中で切れているような気がしますが。。。

続きがありますか???

みみ様、こんにちは。

記事を書いている途中で日付が変わりそうになったので、UPしたのです。
みみ様のパソコンは正常ですよ。

射礼大会って他のところでは聞きませんよね。
でも、ちょっと面白いと思っています。
選手は練習を積んで臨ばかりですが、審査員の先生方のほうがよっぽど大変だと思います。
有り難い大会です。

年末の射会と忘年会。またお会いしましょうね。