プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『禅の道』 オイゲン・ヘリゲル 

オイゲン・ヘリゲルの『禅の道』を読んだ。偶然本書のあることを知ったからだ。弓道に馴染んだものならヘリゲルが書いた『日本の弓術』岩波文庫と『弓と禅』福村出版の二冊を知る人は多いだろう。『弓と禅』は最近『新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 』(角川ソフィア文庫)となって新しいい本も出ている。

本書の存在に今まで気が付かなかったのはヘリゲルが亡くなる少し前に多くの原稿を焼却したと知っていたからである。事実とはいえ思い込みというのは恐ろしいものである。本書の奥付をみると1991年9月10日1刷発行とある。27年も知らないでいたのであった。

本書はヘリゲルの「遺稿集」であり貴重な資料と言える。ヘリゲルはハイデルベルク大学で教鞭をとっていた際日本からの留学生と接し日本への興味を増していった。1924年から29年までの6年間日本に招聘されたヘリゲルの心中はどれほど喜びに満ちていたことであろう。その情熱の一旦が『日本の弓術』と『弓と禅』となり私たちはヘリゲルの弓道修行を知るのであるが、では彼の学究の方はどうだったのであろうか。それが本書で明らかになる。
ヘリゲルは弓道と同じく彼の哲学研究である神秘主義の理解に日本の禅に着目し、自ら体験することで答えを見出そうとする。その姿は単に体験という言葉では足りない。文字通り飛び込んでいるのだ。

このブログは弓道に関係したことを書いているものであるからヘリゲルの禅への取り組みを論ずることは控える。立禅ともいわれる弓道の一面も、初心者に弓道は立禅だからと説いてもなんの益もない。弓道に取り組む者が自身の修行の中で禅と通じる面を発見したり呼吸の修練を取り入れたりと自らの修行に合わせて理解してゆけば良い。どうゆう弓道を求めるかはその人なりの道である。
しかし、あえて言うならば経験を積んだ弓道人は是非この本を読まれるのが良いだろう。ドイツの哲学者が禅の世界を体験し理解するためにどれほどの飛躍がなければならなかったかと思うからだ。そしてヘリゲルが体験した禅の修行が阿波研造に習った弓道の修行といささかも違わない事を知るからだ。師弟の関係、悟りによって一切が変わる事など本書に出てくる禅の経験は弓道の修行に照らして考えて全く違和感はないのだ。

禅の修行も弓道の修練も結局はその人が何処に行くのかという事である。何を求め何を得るかはその人の背負っているものである。だからこそヘリゲルのような人間が阿波研造に出会い弓道を修練したことに深く感動を得る。そのヘリゲルに感謝と尊敬の思いを持ち彼の姿、禅に向かった心を知ることは弓道人としては当たり前の礼儀であると思う。

弓道を全く知らない禅を知りたいと思う方がもしこの本を手にしたら、それは素晴らしい出会いだと言えよう。禅の修行を経験するヘリゲルの洞察は初学者にとってとても素晴らしい手引書である。今回私はこの本を図書館で借りて読んだ。当然購入すべく用意をしているのだが、弓道の本とならべるのが良いか、仏教の本と並べるのが良いか悩むほどだ。

ではまた。



スポンサーサイト

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret