プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

吹雪の中の練習

西日本に大雪をもたらした今日。当地でも粉雪が舞う天気となりました。
そんな日ですが土曜日は貴重な練習日なので午後から道場に出かけます。道場を開け一人練習を始めますが寒さのせいか体が思うように開きません。それでも10射ほどしたころから調子が出てきます。

30射ほどしてちょっと休憩。空は薄い雲なのですが粉雪が強く舞いだしてまるで吹雪のようになってきました。矢道に降りてみると北の空には厚く暗い雲があってちょうど道場の上までかかっています。道場の中から見る空は青空なのに・・・。
珈琲を飲んでしばしの休憩の後、練習を再開。

体の開きは出来ているのですが引き分けに少し力が残っています。工夫して弓手と馬手のバランスに気を付けて引き分けてみるとどこにも力の入らない軽い状態で会にもって行くことが出来、離れもとても軽くキレが良い。あぁ上手く出来たなと今出来たバランスの取れた引き分けを再度心がけますがなかなか思うようには出来ません。大三に行くときに弓手に渡しながら馬手肘とのバランスを均等にして体全体で受けるようにするのですが、わずかなバランスの違いがなかなか難しいのです。

そんな練習を二時間ほどしたらかなり体が冷えてきました。裏地にフリースがついた新しい胴着を着てその上に着物も着て温かくしているのに・・・。

そろそろ今日の練習はお仕舞にしようと思いながらまた射位に立ってしまいます。
誰もいない一人練習。思いついて矢声を出してみました。引き分けてきて離れの瞬間にやーとかおぅーとか声を出すのです。
これなかなかいい練習になります。声を出すのに気を取られるのか体がぶれることもなく弓手は全く動かず馬手はすぱっと大きく飛びます。あまりに離れがいい感じなので何回も矢声をかけた離れを試してみます。
でも、会があまり持つことが出来ません。私の場合引き分けで額を過ぎるころから息を吐きだして会では薄く吐いているか意識していない状態にしているのですが、さて矢声を出すときには息を吐きながらという訳にもいきません。自分でもどうやっているのか判らないのですが、矢声を出そうとすると会は短くなってしまいます。一度意識して息を吐きながら矢声を出そうとしたら出せませんでした。どなたか経験のあるかたの教えを受けたいですね。巻藁射礼をなさる先生に尋ねてみましょうか。

そんな変わった練習もたまには取り入れて工夫をしています。

ではまた。
スポンサーサイト

コメント

Secret