FC2ブログ

プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お休みしても・・・

久しぶりに弓を離れてのんびりすることとしドライブに出かけた。御前崎のなぶら市場というところにお魚を買いにドライブ・・・。
バイパスを降り、磐田の市街を走っているとふと“見付”という道路案内が目に入った。
あっそうだ、見付は弓友さん(失礼、地域の大先輩です)が営む和菓子屋さんがあるところ。このブログからもリンクさせていただいている井口製菓さんのあるところだ。住所は記憶していないが以前見付天神の門前町にある老舗の和菓子屋さんと聞き覚えている。御前崎の帰り道寄ってみよう。

御前崎でお昼をし鮮魚を買い求め、お店を探して天神さんへ向かう。

mituke1_convert_20121104081904.jpg

門前町といっても広い道路に面していて、鳥居の前の鄙びたというイメージを持っていた私を笑うように綺麗で明るい店構えに、あっここだ!と車を停める。入り口の前の小屋根があずき色と栗色で飾られているのは、きっと栗蒸し羊羹をイメージしているんだろう。のぼりの色ともマッチしているのが可愛い。

お店に入り、名前を告げると仕事中だっただろうにご主人と奥様が出てきてくださった。
実はご主人、私が東京で入門し弓を始めた道場をご存知で引いたこともあると教えてくださったことがある。弓引きにとって自分の居た道場を覚えていてくださるというのは格別の喜び。すっかり親しみを感じてしまう所以である。

いつも、射会や講習会にお饅頭の差し入れをいただいたり、先の鈴木三成先生のパーティーでは皆中どら焼きをお土産で頂いたりしているが、得意の和菓子をいただこうと思う。

mituke4_convert_20121104082002.jpg

見付名物粟餅をまず求めるが、ショウケースに並んだ和菓子に目移りしてしまうのは、私が甘いもの好きの喰いしん坊だからだ。いつまでも迷っていられないので、奥さんに「これ食べてっていうのはどれ?」と選んでもらう。

mituke2_convert_20121104081927.jpg

左から栗むし羊羹、栗を包んだお饅頭、そしてリンゴとキャラメルで餡を作ったどら焼き。

mituke7_convert_20121104082055.jpg

栗むし羊羹はまず羊羹が甘すぎず柔らかく仕上がっていてとても美味しい。しかも中の栗と羊羹がほぼ同じ柔らかさで楊枝をいれると抵抗なく切れるほど。これは技ですね。

mituke5_convert_20121104082021.jpg  mituke6_convert_20121104082038.jpg

もう一つの栗を包んだお饅頭は白餡がさらさらふっくらと仕上げられていて口当たりが軽くて上品。緑茶のまろやかな甘さにとても合います。幸せ感がふわっと口の中で広がる美味しさです。

そして、お薦めのどら焼き・・・これはまだ食べていないので感想はいずれまた。感想を知りたい?そうゆう方は是非井口製菓さんにご注文ください。

弓を休んでドライブしていたのに、やぱり弓のお仲間さんのところに行って幸せになった。

井口製菓さんごちそうさまでした。

追記)

名物粟餅の箱の裏には、見付天神の悉平太郎(早太郎)と粟餅の関係が紹介されています。
信州の駒ヶ根光前寺と見付天神を結ぶ伝承。どうぞ「杣人のNugages」もご覧ください。
スポンサーサイト



テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

こんにちは。
突然のコメント失礼します。

弓から離れて、、、
という記事なのに
弓についてコメントさせて頂きます。

このブログの
メンタルトレーニングという
記事を読みました。

私は高校生で弓道部に
所属しています。

練習では65%ほどあたるのに
試合では全くあたりません。

先生には心が弱いから
と言われました。

メンタルトレーニングを
したいと思うのですが
どのようなものが
いいのでしょうか?

突然すみませんでした。
お返事頂けると嬉しいです。

メンタルトレーニング

りあさん、ブログお読みくださりまたメンタルトレーニングについてお尋ねいただき有難うございます。
メンタルトレーニングにも幾つかの段階があると思いますが、まずは私が基本と思うところをお話します。
そこでまず、先生がおっしゃっている「心が弱い」という言葉は忘れてください。マイナスのイメージを喚起するものは忘れましょう。
そして、練習では65%は中るというのですからその事に自信を持ちましょう。
次に試合で中らない時に考えていることを思い出してみましょう。練習不足による不安?中仕掛けや道具の整備に不安を持つ?団体戦で中らないと責任を果たせないといった不安?誰か観客に中る所を見せたいという気負い?そんな自分の心の中で何が自分に囁いているのかを確認し、それを排除していきます。
練習をして自信をもち不安感をなくす。(中り癖を身につける)道具の整備は怠らない。団体戦での責任はたとえ失敗しても一生懸命やれば仲間は分かってくれる。こうやって、自分を不安にさせる要素を潰していきましょう。

メンタルトレーニングで最も大切なことは、頑張ったり気合を入れたりすることでは無く、その前にいつも通りの自分の姿、ニュートラルな自分を見つけることです。

不安な要素が何かを知り、それを一つ一つ潰した後は普段の練習通りに精一杯の射をすることです。
貴方がたとえ失敗したとしても退学になったり殺されたりするわけではありませんよね。たとえ今失敗したとしてもまたやり直して更に成長し上手になる可能性を貴方はいっぱい持っているのです。その事に喜び、一本一本を丁寧に一生懸命に引けばいつしか試合でも惑うこと無く弓が引けるようになります。
ニュートラルな自分を見つけること。これはとても大事なことで、ここが強い自分を見つける入り口です。どうぞ弓道を通じて自分を知り自らを成長させてください。