プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

狙わない練習

審査を終えて練習を再開している。いつも思うことなのだが審査後の練習ではこれが出来ていたなら、これがわかっていたならと思うくらい射が変化している。審査を終えて一皮むけたといった心持ですらある。そして今までにも増して基本は何だろうという思いが強くなっている。

最近の練習では大三からの引き分けで弓手先行を意識し馬手はカケの力を抜いたまま肩を開くように引き分けてくる。カケ口と弦の形は変えないように注意し、弓手も馬手も引き下ろすことはせず引き分けた結果として口割りについているという状態にする。そこが会である。この結果として会に至るということは重要で決して的を狙って矢を引き下ろしてくるのではない。的を狙ってもいない。目は的を見ているがターゲットとしての的はそこにない。足と腰と肩がそろっていて矢がこれと並行に引き分けて来ていれば矢は必然と的に中る。もちろん中てるために狙いは必要な事で弓のどこに的が見える、籐何本目に見える・・・といったことを大切にする人もいるが、今の私はそれを意識していない。もともと弓と的との見え方を意識するのは得意ではない。
引き分けてきて矢が自ずと的につくのだから的につかない(中らない)矢は引き分けに間違いがあったといえるだろう。

会における詰め合と伸び合の事は、矢束の関係とともに重要だ。上記引き分けのように両肩、両肘をつかって開くように引き分けてくると自分の矢束にあった引き分けとなる。逆に言うと矢束が余っている場合は体を使って引いていないということだろう。
会で矢束いっぱいに整ったとき、両肩と肘の位置も決まり筋の働きも活きてくる。これが詰め合であるが、詰め合が出来なければ伸び合うことも出来ない。この詰め合が正しく働き伸び合うことが出来ると弓手と馬手には力がかからず軽くなる。誤解を恐れずに言うならば、弓手に弓を感じないほどに手はふんわりとしてくるし、馬手ののカケは弦を感じず存在すら意識しないようになる。
今の私は左右に伸びた腕の方向に狂いが出ないよう張り合った筋肉がぶれないように伸び合い離れを意識しているが、これがもう少し上達すれば腕も意識しないようになるのかもしれない。中筋から分かれるように離れるためには弓手や馬手で引いては出来ないことだし両手先に力が残っていては中筋から離れることなど出来ない。会で弓手や馬手が消えたように、両腕も意識から消すことが出来たら本当の意味での中筋からの離れが出来るかもしれない。

さて、中央審査で学科問題があるのは錬士と六段の審査だけである。最近は五段までの学科はあらかじめどうゆう問題が出るのか公開されているが錬士と六段は公表されることはない。しかし若干の追加はあるようだが問題はある程度決まっている。そしてこの問題が射の練習に非常に重要なのである。例えば今回テーマにした会の詰め合と伸び合の事は、「会の要件を列記しその重要性について述べよ」という問題として出てくる。学科問題を面倒がらず、普段から読み返して練習の指針にしてゆくことが大事だと言える。

スポンサーサイト