プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

美味しい練習

関東では春一番が吹いた日、久しぶりに道場に出かけた。目を患って練習ができなかったのだ。道場では女性陣数人が練習をしていて挨拶をして一緒に的前に立った。体は慣れていないが引き分けを丁寧にし、丹田を意識しながら会に入ると矢は真っすぐに的に向かう。気持ちがいい。今日の練習は先日新たに作ったジュラ矢を本格的に使う。最近はカーボンを使った矢も人気だが練習用であること、弓の強さを考え選んだジュラ矢は白鷹の尾羽をつけてみた。竹矢で使っているイヌワシの尾羽や石打に比べると柔らかいがどうなのだろう。なにより矢全体が優しい感じがして今までとは違った心持だ。

練習では離れでの体の使い方を意識する。割れるように離れを出したいが久しぶりの練習なので体が十分に反応しない。続けて十立ちほど引いたら疲れたので一休みをする。

休んでいたら先生がいらした。故郷の銘菓をお持ちくださったのでお茶を入れる。先日講習会でインフルエンザが流行り先生も罹ったのだそうだが予防接種を受けていたこともあり軽く済んだそうだ。ご高齢だから心配するが驚くほど生命力の強い先生なのだ。



こちらがいただいたお菓子。「八戸 鶴子まんじゅう」と検索してみると元祖鶴子まんじゅうという紹介サイトが見つかった。

先生と少しおしゃべりをしたのち、また的前に立つ。先生も一緒なので心して拝見しながらの練習だ。自分の課題を工夫しながら練習し約二時間。心地よい練習を終えて帰宅する。
いつも思うが練習を終えた後のすがすがしさは何物にも替えがたい。弓道の有り難いところだ。

弓仲間さんから最中をいただいたりチョコレートをいただいたりした。女性陣は甘いものが好きだ。
スポンサーサイト