プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

この時季になると・・・

梅雨から夏にかけて弓引きには気配りが必要な事が多くなる。

竹弓は柔らかくなり形が変わりやすくなるから時々成を確認したり休ませたりしながら使わなければならない。矢数を多くかける人は何張りか交互に使い回しながら練習することも必要だろう。

カケは練習中に汗を吸った下ガケを何枚も交換しなければカケまで湿ってくる。無精をしていると大切なカケを傷める事になるからこれはこまめに交換するのが良い。交換の持ち合わせが少ないとハンガーにとめて吊るしたり、扇風機にあてて乾くのを早めたりもする。いずれにしても湿度が高く汗をかきやすいこれからの時季の心配事である。

DSCN6259_convert_20130627121708.jpg


私の場合、小指の付け根のところがカケに触れ、革が直接汗を吸ってしまう。
練習が終わり家に戻るとすぐに干しているが、下ガケがあったところとそうでない所では乾燥の速さが全く違い、いつまでも湿った感じがしてよろしくない。

最近、カケを差すときにこの部分にお化粧に使う小さなコットンを挟んでみているがなかなか具合が良いようだ。だが、差す度にコットンを挟むのもいいが何か工夫はないものかと考えている。
腕首にはリストバンドをしてカケの縁が直接腕首に触れないようにしているが、同じように何か出来ないものだろうか。

下ガケは自分で縫う人も多い。

DSCN6261_convert_20130627101036.jpg

カケ紐に邪魔にならないようにしながらカットを工夫することは出来るだろう。既にあるカケは端布を足しても良い。カケからはみ出て見苦しくない程度にする必要はあるが一つのアイデアである。

皆さんはどんな工夫をして夏の時季を過ごしているのだろうか。


スポンサーサイト

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

6月の月例会

今日は所属支部の月例会、お弁当をつくり出かける。

道場に着くとすでにK先生がいらしていて準備が整っているがメンバーが少ない。
私を含めて3人。
予定時間が来たので金的から始めていると、2人が到着したが結局5人の月例会である。

金的は何回か回ったが落ちなく三つ掛けたところで私が中てた。

続いて競射。

今日の私の成績は

◯◯×◯ ◯◯×× ◯◯×× ◯◯◯◯ ◯◯◯×  14/20

途中気持ちの落ち着きをなくし射がいい加減になってしまった。
それを反省し四立ち目で反省して皆中したが、最後の立ちでは止め矢を失敗してしまった。
これは悔しい。結果は優勝だったが内容的にはまだまだの感がある。

DSCN6087_convert_20130615172125.jpg  DSCN6086_convert_20130615172101.jpg

金的の賞品は湿気取り。競射は防虫剤でどちらもこの時期の必需品だ。
素直に嬉しい。

前回、一位の賞品は野菜ドリンクで二位が保冷バック。
私は保冷バックをもらい今日お弁当を持って来るのに使っている。
ちょっと役立つ賞品を選んでくれる担当さんに感謝しよう。

その後、お弁当を食べ練習。なかなか思うようには行かないが
少しづつ良くなってはいるようだ。




テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

第2回東海弓道遠的大会

今日は浜松の可美公園で遠的大会が行われました。
私は参加しませんでしたが、お昼過ぎに様子を見に伺います。

  2013060213400000.jpg

12人立ちの道場が選手の控え室になって矢道には巻藁も置かれています。
今日の的は79㎝。一手2射と4矢の計6射を引いて5中以上が予選通過です。

2013060213400001.jpg  2013060213420000.jpg

多くの弓仲間の見守る中、真剣な空気。役員の方も遺漏のないよう競技を見守っています。

2013060213450000.jpg

140名を超す選手が集まった今日の大会。皆さん思うように引けたでしょうか。
先生方や参加した選手に感想を伺いたいとおもいます。
今年は所用で申し込みをしませんでしたが、次回は参加出来るようにしたいですね。


テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ