プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

4月の月例会(中央支部)

中央支部の月例会に出かけた。先月は月例会が無く、2月は北海道に行っていたため参加出来なかったから久しぶりの月例会参加である。顔なじみの弓仲間さんに挨拶をして立ち順のくじを引いていると、K先生が「午後の練習も出るでしょう」と声をかけてくださる。其のつもりでお弁当を持ってきているので、そう応えると、皆の練習のお手伝いをするようにとのことであった。連休も近く支部長はじめ幹部メンバーが少ないのだ。

開会の挨拶の後、射会が始まる。35名の参加。四ツ矢5回、立射で行う。

私の成績

×◯×× ◯◯◯◯ ◯◯◯◯ ×◯◯◯ ◯◯××  14/20  優勝

今日は先日の春季大会三成杯や選手権大会予選会でいま一歩という成績だったのでそれを乗り越えようという思いで臨んだ。私には珍しく巻藁も引いて体の様子を確かめたりもする。

1立ち目、甲矢は3時に外れる。どうしたのだろうという思い乙矢を引くがかろうじて6時の的ふちに中る。矢に勢いもなければ中るような引き方が出来ていない。胴造りが悪いのだろうか、伸び合いが足りないのだろうかと思いながら3本目、4本目を引くが甲矢と同じ3時に外れた。

2立ち目、このままではいけないと三重十文字を意識しながら丁寧な引き分けを心がける。甲矢3時、乙矢9時、3本目中黒の12時、4本目その上、と矢処は散っているが皆中する。

3立ち目、自信を持てた訳ではないが、少し直せたことに安心しながらの立ち。呼吸と動作を合わせながら引くことに集中してみた。一呼吸一動作。打ち起こしの時に吐きながら出来るよう、顔向けの時に静かに吸い打ち起こしながら吐き大三へ吸いながら移行し吐きながら引き分けてくる。すると面白いように中る。

4立ち目、呼吸を意識したことで中りがしっかりしたのに意を強くし、この立ちもそれを心がける。ところがその意識が強すぎたのだろう、甲矢は6時に外した。呼吸にとらわれ大きく引くのを忘れていたのだ。そこで、乙矢から大きく引くように意識を加えると星近くに中る。3本目、4本目も同じように引き同じような処に中る。失敗が成果につながった。

5立ち目、もう一度呼吸で引くことを意識しながら皆中を目指す。甲矢、乙矢それぞれ思うように中心近くに中る。よし、と思った3本目、離の瞬間大きく体が揺れ7時に外す。あぁなんてことだせっかく良い感じを掴んだと思ったのに。4本目、それでも気持ちが乱れる事無く引いたが3時に外した。体の組立が悪かっただろうか。わずか20射の中でも1本1本違ってくるのは練習の足りない証拠だろう。範士の先生がたの安定した射を思い出してあらためて練習の大切なことを感じた。

順位は4立ち目で12中だったが、他の方も11中が何人かいて決して抜き出ていたわけではない。2位は13中、3位は12中という結果だったから際どかった。
10位までの記録と飛賞を決めるのに、全員で遠近競射を行う。経験の少ない人もいるから、的前で矢の抜き方射場への持ってくる時の動作、射手に矢を示し順位を確認する作業、それら遠近競射一連の所作を確認しながら練習する。


今日の賞品は水ようかん。季節が始まったという感じで嬉しい。

DSCN5638_convert_20130427211112.jpg  DSCN5640_convert_20130427211130.jpg

昼食後は練習を行い、3時に終了。充実した月例会であった。



スポンサーサイト

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

4月の月例会

今日は肌寒い週末。支部の月例会に参加してきた。
いつものように参加者は少ないが、課題の出来を確認するにはいい機会と思っている。

バイパスから眺める海が心地よく道場に通う楽しみの一つだが、今日はサーファーや釣り人が多く砂浜に出ている。遠くには何の漁だろうか漁船も数隻出ている。少し早めについたので巻藁で確認をする。

20分程巻藁を引き慣れてきたところとで、新しいカケを試した。私にとって3つ目のカケで、今使っているのと同じカケ師さんのものだが、注文してからづいぶん待って出来てきたから楽しみであると同時に終生使うカケだから大切に使いたい。

DSCN5615_convert_20130420200834.jpg

紐をゆるめにして弦枕の感じを確かめながら引き分けてみる。新しからまだガチガチに硬いが良い感じだ。

今使っているカケを初めて道場に持っていった時の事を思い出す。
先輩方に見てもらいながら引いてみたが、とても自分では使うことが出来ず、新しいカケをおろすということが難しいものであることを初めて知った。それまでのカケも良いカケなのだが出来合いのカケだった。なにより入門当初から使っていたカケで、使い方もよく分からないままづいぶん乱暴に使ってしまった。その最初のカケで五段までいった。しかしカケの傷みもあり道場の先輩方が使うカケ師のを使いたくてお店に出かけて手形を採って作ってもらったのだが、その新しいカケがすぐには使えずこの先どうなるのだろうと心細かった。ところが、一人の先輩が「ちょっと貸してごらん」と言ってその新しいカケで的に立ち中てるではないか。皆面白がり、「上手だと新品のカケでも使えるんだよ。」と私を笑いながら言う。なにより的に立った先輩は事も無げに戻ってきて、丁寧にカケを私の前に置いて「良いカケだよ」と言う。そして、もう一人の先輩は私のカケに筆で道場と私の名前を書いてくださった。道場の仲間として先輩方に可愛がってもらっている幸せを感じた。

今回の新しいカケも、先生に名前を書いて貰おう。


さて、今日の私の成績。

金的を甲矢乙矢二回りして落ちず、三こうにして三回目にして落とした。

DSCN5609_convert_20130420192418.jpg


競射は
◯××◯ ×◯◯◯ ◯◯◯× ×◯×◯ ◯◯×◯  13/20 2位

決して良い内容ではないが、呼吸や伸び合いを確かめたりしながら一射一射意識して引くことが出来た。

DSCN5611_convert_20130420192436.jpg

頂いた賞品も使い道のあるもので、ちょっと嬉しい。

明日は選手権大会の予選会。今日の反省を活かして臨みたい。


テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

湖西市市長杯 春の射会

全国的に暴風雨の被害が伝えられている週末の日曜日。湖西市の射会に出かけてきました。
強い風に雲も流されているのでしょうか、青空が見えたかと思うと強い雨になったりと安心することが出来ません。バイパスから見える海は遠くまで幾重にも白波がたっています。今朝、TVのニュースで報道していた新居町駅の地下歩道の入り口屋根が根本から折れて倒れているのも見られます。

道場に着き雨の晴れ間を待っていると弓友さんたちが次々と集まってきました。皆さん熱心です。
開会式の後、射会が始まりました。今日の射候は四つ矢5回の20射。午前中3立ち、午後2立ちです。

私の成績は。

◯×◯× ×◯◯× ×××× ◯◯◯× ◯◯◯◯  11/22

遠近競射に残ったものの外してしまい、21位という結果でした。

言い訳をすると、3日ほど前から左目に強膜炎が出始め頭を動かすだけでも痛い状態。左目はほとんど開けることが出来ません。まぁそれでも、狙いがあっていて伸び合いが出来ていれば中るだろうと前向きな考え。でも、頭はもやがかかったようにぼぅ~っとしていて、気合いは今ひとつです。

一立ち目はそういう状態でしたから引き分けが収まらず矢が散ります。
二立ち目は確り引こうと意識し、勝手を意識して離れを作りますが、4本目はそれに頼り過ぎ。
三立ち目はもうまるっきりバラバラ。胴造りが狂ってしまっています。

お昼をはさんで、皆さんが恒例のかけ弓を楽しんでいるのを眺めながら気分転換。
六寸的を射落とすのですが、30人ほどの参加で5~6人は中てます。周りからの歓声も楽しいですね。

午後は気を取り直して四立ち目は矢が同じ所に集まっています。4本目の狙いを少し変えたら外してしまいました。
五立ち目はとにかく中てたい。黒板のところではすでに的中数を数えています。
私も心の中で1本、2本と数えながら中てていきます。3本めを中てたところでとにかく羽分けまでいったと喜びます。係の人の「10中までかな」という声も聞こえてきます。
でも、これで最後の止め矢を外したら何にもなりません。心厳しくというほどでもありませんが、確りとした心持ちで最後の矢を中てます。4本とも大体同じ所に集まっています。

順位は低かったですが、賞品の甘夏とお土産のあさりを頂いて嬉しいですね。

時折の雨と強い風の中、多くの弓仲間さんと楽しい射会を過ごしました。
湖西支部の皆さん、有難うございました。

(今日はお弁当の写真を撮り忘れました。)


テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ