プロフィール

杣人yumi

Author:杣人yumi
弓道と楽しく向き合う杣人の弓道ブログ。お気軽にお立ち寄りください。

カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
Google
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月例会 50射会

週末の二日を弓三昧した。昨日は午前中支部Aの月例会に出て午後は別の道場で勉強会に参加し体配や一つ的の練習。初めての立射での一つ的も楽しかった。

今日は支部Bの月例会で50射会。通常なら四矢4回ぐらいだが、一手礼射と四矢12回。普段の練習でも50射ぐらいは引いているから体力的には大丈夫だと思うのだが、月例会での試合形式となるとさて気力とか色々気になることがある。ところが朝道場に着くと幹事の方を囲んですでに数名の仲間が集まっている。皆さん本当に熱心なのだ。

何時もの事だが、私は月例会や支部主催の大会などでは普段の練習で注意していることを忘れないでやれるかどうかを課題にしている。今日のテーマは左肩根からの詰合が弓手を軽くする位置を確認すること。離れでの馬手の飛び一文字の離れの二点だ。

今日の私の結果(○×では50射も書くのは大変なので数字表記)

一手礼射  1
四矢競技  3 3 3 3 4 2  18/24 (昼食前)   
        3 4 3 3 3 4  20/24 (昼食後)   合計 39/50  優勝

二位以下は 37中(二位)  33中(三位)  32中(四位)  31中(五位、六位)
         29中(七位、八位)  27中(九位、十位)

参加者全体をみると羽分け以上の方が15人で午前中の中りが低かった人も午後調子を上げて来ている。反対に羽分けに行かない人は皆中することがあったり1中や0が有ったりと安定していない。これは中るための体の使い方がまだ出来ていないからだろう。何故中るのかそのためにどうゆう体の使い方引き方をしたらよいのかが分かっていないのだと思う。

私は自分の課題を一射ごとに確認しながら引くが、弓手の方は良くなってきているが馬手の方は試行錯誤だ。引き分けを意識しすぎて馬手に力が残ってしまったり大きな離れが出来なかったりと50射を終えて振り返っても満足な射があったとは言えない。それでも外れた矢の内容を考えると全くいけないわけでもない。力が残っていた矢はあるものの狙い過ぎていたり中てなくてはという気負いがあったりということは無い。弓手先行で引き分けて来ても真ん中真ん中と心の中で唱えながら引き分け、会では伸び合いと離れの矢筋を意識する。気が抜けて失敗するということも無かった。

競技の方は午前中私より中りの良かった方が少し崩れた立があり持ち直したものの後退。他の方も安定しながらも伸び切らずという感じ。反対に午前中調子が出なかったN先生は後半で皆中を連続し追い上げてきた。私が最後の立で2中なら37同中の射詰競射になる。それよりも私は3中から脱し最後は階中で締めくくりたいと思った。1本目、2本目と中て、3本目も中る。これで優勝は決まった。いつもなら3本目や4本目で気が抜けるのが私の悪いところだが今回はそこを思いとどまり最後まで気が途切れることはなかった。4本目9時ではあったが中ったのが嬉しい。

幹事の方が用意してくださった賞品のお菓子、旅行に行った方が差し入れて下さった賞品を頂いて大会を終えた。
朝9時から始まった50射会。3時半に終わるまで忙しく引いたが集中力を切らさずに引く良い練習になった。朝課題として意識していたことには反省は残るがそれもすべての射を通じて意識を持ち続けていられたことは良い成果だった。
こうゆう射会を開いてくださった支部の弓仲間に感謝する。


おまけの話。

今日は私の所属する支部の人たちが別の弓道大会に参加していた。一人は遠近競射に進み10位入賞。もう一人も14位で賞品をいただいたそうだ。自分の道場で一生懸命練習し大会に参加して他の弓仲間さんと交流を深めるのは弓道の楽しみだ。そんな仲間が増えてくれば色々な大会に参加したくなってゆく。弓の楽しみが広がる。


スポンサーサイト

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

春季大会第二弾

先日当地区の春季大会に参加した。先生の名を冠した大会で皆先生に見て頂きながら練習の成果を競うという和気あいあいとした中にも緊張感のある大会。中学生の部もあり150名を超す参加者だった。

この大会、基本は支部ごとに団体を組んで登録するのだが、団体を組めない人も個人として参加すれば運営の方で個人同士をうまく組み合わせて団体としての形をとってくれる。私も支部で三人揃えなかったので他の支部さんの女性が一人加わり混成チームとなった。今回この混成チームはすべて列車の名前が付いている。ななつ星やカシオペアなど列車好きにはほほえましいチーム名。私のチームは北斗星だ。

さて、今回の結果。

○✕○✕ ○○○○ ✕✕○○ ✕○○○  11/16  遠近競射 ✕  

練習で心がけている大きな離れをイメージして射位に立つが的中を求める気持ちが強くあるのを感じている。緊張はないものの先生に見られているとの気持ちもある。この射会の最も難しいところがこの先生の存在で皆先生の視線を意識しながら実力をどう出すのかに苦心する。

一立目、一本目は12時に中る。二本目は筈が緩く取懸けの途中で矢を落としてしまった。三本目は慎重に取懸け12時に中る。四本目は中てなくてはという気持ちが強く出て9時に外した。
二立目、くすねを中仕掛けに塗って緩めの筈でも滑らないようにした。三本目まで離れを意識しながら中ったが、四本目は中てなくてはと弓手の押しが強くなり馬手の離れは中途半端なものになってしまった。それでも6時に中り少しほっとする。
三立目、二立目と同様に皆中をつづければ上位入賞は狙えると思い立に入る。一本目的に向かって飛んでゆくが的の前で強風にあおられクランクしたように3時に外れた。矢勢が悪いわけではないが春の突風が舞う道場だ。二本目はその警戒もあって的の左側を狙ってみたら今度は8時に外してしまった。三本目、四本目は気を取り直して中てる。
四立目、場内のホワイトボードに入賞予定の的中数が書かれ出した。皆中すれば12中になるから競射でもなんとか10位以内に入ることが出来る。しかし10中ならば競射には残れない。そんな胸算用をしながら立つ。一本目、またしても風に邪魔されて3時に外れた。もう外すことは出来ない。強い気持ちで中てに行く。二本目、三本目は星近く、四本目は三時の的ふちに入る。

11中で遠近競射に残ることは出来たが同中が11人いて3人が通過だ。遠近競射に進むと星が開いている。丁寧な引き分けをして会に入るが6時に外れた。狙い過ぎたのだった。

大会が終わって先生の講話があった。今回は中りはまずまずだが、射の研究をするように特に弓手の手の内を勉強するようにとの話があった。これは当県の審査通過、特に高段者の話なのだがなかなか通過しないことを受けての話だ。自分に似た体格や引き方の人、上手な人の射を見てを研究するようにとの話があった。こうして先生の講話を頂きながら射会を楽しむ幸せ。私もますます精進しなければならない。
これから大会や審査などで忙しい日々が始まる。練習と成果を確認する大会の繰り返し。気合の抜けない日々だ。

ではまた。


テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

弓と遊ぶ

弓が壊れた話を以前書いた。その弓は修理に送ろうと思っているのだがまだ送れないでいる。実はいくつかの運送会社に問い合わせてみたのだが非常に送料が高いのに驚いたのだ。ある運送会社では弓は断っているとまで言われた。弓具店でも聞いてみたがやはり苦労しているみたいでいくつも運送会社が変わっているのだと教えられた。

五月の審査に使うには今から新弓を買っても間に合わないから自分の手持ちの弓を使うしかないと思っていたが一番使っている弓が何故かバランスが悪くなってしまい手の内が崩れて弓返りもおかしい。そこで他の弓はとみると一張は外竹が浮いていて使えない。ある先生からいただいた弓は弱い弓なので調整用には良いが実践では心許ないし、もう一張の弓は強いのでやはり審査には向かない。やはり自分の弓力に合った会で納めて伸び合いを作れるバランスの良い弓が欲しい。
そんなことを思いながらも練習では道場の仲間がグラスの弓だけれど使ってみたら・・・と声をかけてくれる。私もこんな機会でもなければ他人の弓を引くことはないので、ものは試しと借りてみたりする。

そんなある日、13㎏のグラスの弓を借りた。いつもと同じように引いてきて会に納めて伸びてみると水平の狙いのままで的にしっかりと中る。弱い弓だからと上を狙うことはしないが確り伸びようと両肩を外れるかと思うくらいに伸ばしてみたら気持ち良く矢が飛んでゆく。仲間に見てもらうと弓から石突プラス5mmぐらいしか余っていないそうだ。なるほどこれが私の本当の引き尺かと改めて普段の頑張りの足りなさを感じさせられた。以前講習会で先生から「もっと引けるようになるよ」と言われたのを思いだした。だとすると普段20㎏前後の弓を引いて1.5cmぐらい矢尺を残しているのだが、あと1cm肩肘を伸ばすように体を使わなければ本当ではないという事なのだろうか。
面白かったのは次に15㎏の弓を借りた時だ。13㎏で中るのだからと引いてみたらものの見事に6時に外した。少しだが強くなったことに安心して伸び合いに甘えが出たのだろう。こうゆうところが私の甘さだ。
普段使っている弓でも強さだけで中てることは出来る。でもそれではなんの面白さもない。弓の強さを忘れて射で中るようにしなければいけない。

そうこうして色々な弓を試しているのだが、結局はバランスが悪いと一旦はあきらめた弓を今使っている。手の内に注意したり詰合に隙を作らないよう注意したりして慎重に引きながら弓のせいにしないよう心に決めている。するとなんとか使えるようになってきた。当初は弓返りもしないくらい変だったのが中押しでしっかり弓が立って回るようになってきた。心の中では弓に「どうか本番でも頑張ってくれ」と祈るような気持ちで使っている。

さてこうして私が試しながら弓を引いているのにはもう一つ理由がある。それは最近初心者教室を出てしばらく道場の弓を使っていた方が自分の弓を欲しいと思う頃になってきているのだ。私が弓道を始めた頃は弓、矢、カケは先輩が弓具店に一緒に行って選んでくれたものだった。今でもそうゆう良い先輩もいるだろう。一方インターネットなど情報があふれている時代だから俄か仕立ての知識で弓具店に行って買う人も出てくる。ある人など自分の弓力に合わない弓を買ってみたり、感心しないカケを買ってみたりと傍からみてお金を無駄遣いしているとしか思えないような事もある。ひどいのになるとネットオークションで弓の銘だけに惹かれて壊れた弓を買ったり、矢尺の合わない矢を買っている人もいる。オークションに出す方も買う方も困ったものだ。

ところで、私が弓を始めたころは初心者でも竹弓を買うのが当たり前だった。今は大抵の人がグラスの弓で始める。竹弓を使うにはその扱い方メンテナンスを学ばねばならないし射でも手の内がある程度出来るようになってからでないと弓が壊れてしまう。ではグラス弓の時に弓手を柔らかく使う方法を練習できるのだろうか。私はグラス弓の経験がほとんどないので恐縮だが、先日来仲間のグラス弓を使ってみた経験からは柔らかく使うと振動が強かったり弓が飛んでいったりして慣れるまで苦労した。13㎏ぐらいの弱い弓なら振動も大したことないが、18㎏ぐらいにもなると離れた瞬間に”えっ嫌だ”と心の中で言ってしまう。国体や実業団などで活躍する選手の人たちはほとんどグラス弓でないと練習量に耐えられないだろうから、一度教えてもらいたいと思っている。

初心者教室を終えて審査を受けるくらいに練習をし、初段、弐段と合格すると自分の弓力もだいたい安定して分かってくる。購入には竹弓を勧めたいが、①扱いに不安を持つ、②手の内や引き分けの技量が未熟で弓が壊れる可能性がある、③竹弓は一張一張違う天然素材だから使う人に関係なく壊れる可能性がある。などの問題を理解して購入しなければならない。
①は先輩が教えてあげるしかない。②は程度の問題だが竹弓で練習した方が覚えやすいかもしれない。③はこれは何とも言い難く運のようなところもあるが、なるべくなら壊れにくい竹弓を初心者の頃は選んだ方がよいだろう。竹弓は作者それぞれの考え方で作っているからどの弓が上級でどの弓が初心者向けと言う事は出来ないが、それでもカンの強い弓は扱いも難しく壊れる可能性も高い。良い弓だけれども初心者には手に余るだろう。

そんなことを考えながら弓と遊んでいる。私も今持っている弓で実践向けの弓が減ってしまったので、今年は弓を新調しなければならない。その時にどんな弓を希望しどんな弓と出合うのかは私の技量であり運でもある。先日壊れて修理に出す予定の弓は上下のバランスがとてもよく手の内が綺麗に決まった。良い弓は引き方を教えてくれる。そうゆう引いていて気持ちの良い弓と出合いたいと思うし、初心者でこれから弓を買うという人にもそうゆう弓を知ってもらいたい。

ではまた。

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

桜咲く道場

土曜・日曜と連続で練習や射会を楽しんだらすっかり花粉症がぶり返した。今年は良く効く薬を見つけて毎朝飲んでいるのだが日曜の夜は花粉症の方が薬に勝ったようだ。一日中外にいるのと同じだから仕方がないかもしれないが、もしかしたら一緒に飲んだ痛み止めのせいで薬の効きが悪かったのかもしれない。

そんなことで月曜日は練習を休み、今日道場に行くとすっかり桜が咲いている。
街中にあるお城の桜も咲いていたようだったから、当地はすっかり開花したのだろう。

180427.jpg

そんな道場で一人、弓を張り、的をかけ、一射一射丁寧な練習をする。
実は先日来いつも使っている弓の調子が悪く弓手が落ち着かない。手の内は同じように作っているつもりなのだが、弓の反応が手の内を崩してしまうように感じていた。全く面白くなく日曜日は違う弓を使ったくらいだった。

今日は練習なのでどうだろうと思い使ってみたのだが、反応はいまいちだがだからと言って矢飛びが悪いという程ではない。これは使えるかなと思い今日の練習はこれ一張で進めた。弓にもその日の調子があるのだろう。もしかしたら桜の陽気に弓も機嫌を戻したのかもしれない。

ではまた。

弓道の本

先日審査を受けた中学生が図書館で弓道の本を借りて読むという。熱心なことだと感心したが、最近では弓道に関係する本も随分出版されている。初心者向けの分かりやすいものもあって確かに中学生が読むにはいいだろう。

私が最初に買ったのは小笠原清信氏の『弓道』だったが、道場に入門した帰り道駅前の本屋だった。先日同氏の『詳説弓道』を読み返してみたのだが、タイトル通り大変詳しく書かれた内容で読み応えがあった。昭和49年初版の本で私が購入したのは平成3年である。この年は1月に五段になった年だ。当時この本を読んだときはずいぶん難しい本だと思った記憶がある。弓道の本には文章を読んでも理解できないものが多い。実際に経験をしてみないと分からないのだ。
その最たるものが弓道教本なのかもしれない。以前弓道教本は読みにくいということをこのブログにも書いた事があった。言葉そのものというより構成が難しくしているところもある。ところが長い年月折に触れ読んでいると難しいという感覚が次第に薄れてくる。単に読み慣れてきたということも言えるが弓道の経験が深まるほどに読み辛さが消えてきた感じだ。最近の私の弓道教本第一巻は付箋だらけになっている。そうは言ってもやはり弓道教本第一巻は初心者には読みにくいだろう。改訂版が出るような話も聞くがどうゆう構成にすればより読みやすいものになるのだろうと興味を持つ。

高柳憲昭氏の『京都三十三間堂通し矢列伝』が図書館にあったので借りて読んだ。今では振袖姿の新成人女子や紋付袴の男子で賑わう正月の風物詩となっている三十三間堂の遠的射会。それとは違う壮絶な歴史を持つ武士の弓の姿を描いた本だ。弓道誌に連載されていたから読まれた方も多いだろう。連載が終わりすぐ本になったので購入したいと思っていたが、それより早く図書館で見つけた。資料にあたった調査と高柳氏の創作とがあいまって読みやすい仕上がりになっている。
赤穂浪士であった早水藤左衛門の話や薩摩藩が三十三間堂にい射手を送らなかったこと、小笠原流も挑戦しなかったことなど興味深い話が多く一気に読ませる。三十三間堂の通し矢に射手を送り出すには大変な出費がかかり藩の財政を圧迫するほどだと書かれているがその具体的な数字がなく残念だ。きっと読者には退屈な数字の記載になると思われたのだろうか。しかし具体的資料ほどドラマチックなものはない。また、江戸にあった三十三間堂や東大寺のものなどもう少し書いていただいても良かったと思う。

通し矢本番に臨むためのコンデション作りというコラムは現代の選手にも役立つ内容で納得できる。特に「力仕事はしないこと」や「練習は本番に向けて少なくしてゆくこと」などは全く同感である。
また星野勘左衛門が残した用具の記録は興味深く、特に中関(中仕掛け)を三味線の糸を二重に巻いて作ったとあるのには興味を引かれた。ちょうど最近三味線の糸を作る工程を見る機会があり、そのまま弦に使えないかと思ったからだ。実際私は切れ弦をほぐして麻を取り出し中仕掛けを作っているが、麻だけだと矢数を多くかけると傷んでくる。そこで中仕掛けの上から絹糸を巻いて仕上げるとほつれることがほとんどなく丈夫な中仕掛けになるので時々やっている。偶然だが星野勘左衛門も同様なことをしていたのだと知って面白く思った。

さて、次はどの本を読もうと思いながら唐沢光太郎範士の『弓道読本』を出してきた。小笠原清信氏の『詳説弓道』に何回も唐沢範士からの引用があったからだ。ただし『弓道読本』は初版が昭和51年であるから『詳説弓道』より後の上梓である。奥付を見ると昭和63年に購入している。道場に入門して一年半、三段の時に買ったことが分かる。『弓道読本』はこれまで何回も読み返しているのだが、今回はどんな発見があるのだろう。

弓道の本は読み手が何を求めているかによって、またどれほど練習をしているかによって読み取れるところが違ってくる。そうゆう意味では手元に置いて折に触れて何回も読むと良い。こうゆう本を書ける先生の練習はどれほどのものだったのだろうと想像すると私の今の練習などは恥ずかしく思うばかりだ。そうゆう自戒の意味でも弓道の本は手放せない。

ではまた。

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ